今号の表紙

定価630円

別サイトへジャンプ

電撃の雑誌書籍

■ リンクについて

当サイトはリンクフリーです。トップページへのリンクをお願いしています。リンクされる場合は下のバナーをご利用下さい。

画像サイズ:横200px 縦60px

電撃マ王公式サイトバナー

2017年12月27日(水)

【コミック新連載】高校演劇応援プロジェクト! 『暗転エピローグ』開幕!!


声優の生田善子が原作を手がける、青春高校演劇ストーリー!

 

ph_01

本作は「高校演劇応援プロジェクト」の一環として、声優・生田善子が自らの経験を活かし原作を担当。
キャラクターデザインにTiv、漫画をパインが描くという新連載コミックだ。

ここでは、発売中の電撃マオウ2018年2月号に掲載されている本作を紹介する。

☆あらすじ☆

埼玉県立・百澤高等学校に通う樋口一華(いちか)は、趣味である少女漫画を読みながら毎日を過ごしていた。
そんなある日、演劇部の部長・永井荷菜(にな)と偶然出会ってしまう。
いちかのかなり個性的なクセを発見したになは、演劇部へと彼女を勧誘しようとするが――?

ph_02

続きを読む

今月号のトピック新連載

2017年5月26日(金)

#河本ほむら内々けやき新作フェア 『文武両闘』の描き下ろしスタンプ風画像をもれなくプレゼント!


明日5月27日発売の電撃マオウ8月号
非力な秀才が、学内最強を目指す格闘×頭脳バトルコミック
『文武両闘 最強才智の育て方』第2話が掲載!

1話を未読という方は、コミックウォーカーにて
5月27日に掲載される第1話をご覧ください!
第1話の見どころなどはコチラをチェック!

●第2話あらすじ(注:1話ネタバレあり)
文武を同時に競う「文武両闘」によりすべてが決められる私立葉隠学園。
文武両闘において入学以来未勝利だったカオリは、
生徒会副会長・キワコに焚き付けられ、なんとか初勝利をもぎ取る。
(ここまでが第1話)

キワコは引き続きカオリを指導しようとするが、
カオリはキワコの実力に不信感を隠さない。
キワコはカオリを納得させようと、自ら文武両闘のリングに上がることに。
対戦相手は歴戦の野球部員で――!?
文武両闘2
続きを読む

キャンペーン、特典今月号のトピック

2017年5月25日(木)

5月27日発売の電撃マオウ7月号に『戦国BASARA 烈伝』掲載!


logo

 

『戦国BASARA』の武将1人1人にフォーカスした物語が楽しめる、大好評のコミカライズ『戦国BASARA 烈伝』が、5月27日発売の電撃マオウ7月号に掲載。

吉原基貴先生による「伊達政宗編」は、完結となる後編が掲載されている。

さらに、大好評御礼につき、大賀あさぎ先生による「石田三成編」の後編冒頭を先行掲載する。6月号掲載の前編の続きが気になるアナタは要チェック!

 

伊達政宗編/後編(完結)

01


伊達政宗を圧倒する謎の武将。天下人を名乗る男の言葉が呼び起こす、政宗の追憶とは――!!

 

■石田三成編/後編(先行掲載)

02

茶会のあとしばらくして――。豊臣軍は九州征伐を開始し、石田三成と大谷吉継もほかの武将とともに戦(いくさ)に加わるが、そこには…!?

 

電撃マオウ8月号には石田三成編の後編を掲載予定。お楽しみに!

 

 (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

今月号のトピック

2017年4月26日(水)

電撃マオウ6月号の『戦国BASARA 烈伝』は伊達編&石田編の豪華2本立て!


電撃マオウ5月号より連載がスタートした、『戦国BASARA』の公式コミック『戦国BASARA 烈伝』。おなじみの武将1人1人にフォーカスした物語を、3人の作家がリレー形式で連載していく本企画は、大好評につき2017年4月27日発売の電撃マオウ6月号にて、吉原基貴先生による「伊達政宗編」の中編と、大賀あさぎ先生による「石田三成編」の前編を同時掲載! どちらも必見!

 

01

 

伊達政宗編 中編 漫画/吉原基貴

02

続きを読む

今月号のトピック

2016年12月28日(水)

演劇×アイドル=ゲキドル 前代未聞のアイドルプロジェクト展開中!!


オッドエンタテインメントが贈る多次元演劇アイドルプロジェクトの『ゲキドル』。本プロジェクト内の1つ、関谷あさみ先生によるコミック『ゲキドル アライヴ』がついに「電撃マオウ」にて始動!  ここではその内容を公開する。

 

あらすじ

地下アイドルの3人組「らぶりんず」として活動している藤田愛美は、普段の引きこもり生活を打破するため、日々アイドルとして試行錯誤を繰り返していた。
そんなある日、らぶりんずのメンバーの1人・らぶたんに「現実を見て学校行きな。」と諭されてしまう。
自分の居場所をアイドル活動に求めていた愛美は、衣装作りやアニメ観賞することで現実逃避をしようとしていたが――?

 

△コミックの中身をチョイ見せ!△

ph_01
▲人気のない地下アイドル「らぶりんず」の一員、らぶみんこと藤田愛美が主人公。

ph_02
▲引きこもりの愛美に、社会人の厳しい言葉が突き刺さる!

ph_03
▲子ども向けアニメ「マジカルアイドルラヴィちゃん」がモデルの「らぶりんず」。愛美がそこにこだわる理由とは――?

ph_04
▲メンバーの1人「らぶのん」に励まされ、自分の存在意義を確信した愛美。苦労を共にしてきたからこその共感がそこにはあった。

 

こんな女の子たち6人が、演劇と出会うまでの物語を描いた『ゲキドル アライヴ』。
6人のオムニバス形式で隔月掲載!(次回は2月27日発売号掲載予定。)

電撃マオウ2月号は好評発売中!!

Amazonで購入はここをクリック!

「ゲキドル」プロジェクトの最新情報は公式Twitterをチェック!

https://twitter.com/gekidol_actidol

(C)ゲキドル製作委員会

今月号のトピック

?php wp_footer(); ?>