今号の表紙

700円

別サイトへジャンプ

電撃の雑誌書籍

■ リンクについて

当サイトはリンクフリーです。トップページへのリンクをお願いしています。リンクされる場合は下のバナーをご利用下さい。

画像サイズ:横200px 縦60px

電撃マ王公式サイトバナー

2013年10月26日(土)

阿倍野ちゃこ先生新連載! 大人気ゲーム『エスカ&ロジーのアトリエ-黄昏の空の錬金術士』連載開始!


大人気ゲーム『アトリエ』シリーズ最新作
『エスカ&ロジーのアトリエ-黄昏の空の錬金術士』
マオウでコミカライズ!
本日発売の2013年12月号からセンターカラーで連載開始です!!

扉
↑扉絵ドーン!(クリックで拡大!)

漫画を担当するのは
『ダンタリアンの書架』『WHITE ALBUM』のコミック版も手がけた
阿倍野ちゃこ先生!

どんなお話かといいますと…
●STORY
かつて文明の発達と衰退を、何度か繰り返した世界。
人々は「錬金術」をさまざまな局面で活用し、生活していた。

 

エスカ
エスカは、母親から古い錬金術を教わった女の子。
人々の役に立ちたくて、コルセイト地方の役所(支部)の手伝いをするうち、
正式に〝開発班〟採用された、いわば新米錬金術士だ。

ロジー
一方ロジーは、中央で最新の錬金術を研究し、
支部からの「錬金術士人員強化」の要請を受け赴任してきた。
その過去には何かあるようだが、
支部に来た経緯も含め、よくわからないことが多い
ミステリアスな青年だ。

未踏遺跡
コルセイト支部の上空には、かつての文明の名残である遺跡が浮かんでいる。
気流が荒く、誰も近づけない〝未踏遺跡〟だ。
支部は、遺跡の調査拠点として発展してきた経緯があり、
この遺跡への到達は、支部の悲願でもある。

エスカとロジーの2人は、
錬金術を駆使して開発局の任務をこなしながら、
未踏遺跡への到達を目指す…!
その前途は、果たして――?

阿倍野先生の精緻かつカッコイイ&カワイイ作画と、
魅力的な世界観が融合した作品です。
ぜひご一読くださいー!
なにとぞなにとぞ。
※今月のマオウの読者プレゼントで、
阿倍野ちゃこ先生の色紙が当たる大チャンスもあるのです!
マオウ8周年色紙(阿部野ちゃこさん)
1話とともに、ちぇけら!
amazon

電撃マオウ 2013年 12月号 [雑誌]
電撃マオウ 2013年 12月号 [雑誌]

amazon
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ (通常版)
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ (通常版)

今月号のトピック新連載