今号の表紙

定価630円

別サイトへジャンプ

電撃の雑誌書籍

■ リンクについて

当サイトはリンクフリーです。トップページへのリンクをお願いしています。リンクされる場合は下のバナーをご利用下さい。

画像サイズ:横200px 縦60px

電撃マ王公式サイトバナー

『テイルズ オブ ゼスティリア アリーシャ アフターエピソード ~ 瞳にうつるもの ~』紹介


大人気RPG『テイルズ オブ ゼスティリア』の後日談を、主要キャラの1人「アリーシャ」の視点で描くコミック『テイルズ オブ ゼスティリア アリーシャ アフターエピソード ~ 瞳にうつるもの ~』「ビバ☆テイルズ オブ マガジン」で好評連載中だった本作が、電撃マオウ12月号より移籍連載スタート!! ゲームのダウンロードコンテンツをもとに、オリジナルのシーンなども盛り込み、アリーシャの活躍がよりドラマチックに描かれている。

 

▲漫画/芳井アキ 原作/バンダイナムコエンターテインメント 原作PS3ソフトが好評発売中。

▲漫画/芳井アキ 原作/バンダイナムコエンターテインメント 原作PS3ソフトが好評発売中。

 

 

▲電撃コミックスNEXTより第1巻好評発売中! アリーシャとマルトランの過去を描いた描き下ろしショートエピソードも特別収録している。

▲電撃コミックスNEXTより第1巻好評発売中! アリーシャとマルトランの過去を描いた描き下ろしショートエピソードも特別収録している。

 

【ストーリー】
導師スレイたちと“災禍の顕主”の戦い、そのあと――。ハイランド王国の王女アリーシャは1人、祖国のために政治家として奔走していた。「またスレイたちと旅に出たい」という思いを胸にしまい、ハイランド王国とローランス帝国の和平交渉をまとめようとしていた彼女は、マーリンドの街で、和平に反対する反休戦の過激派に襲われる。憑魔化した敵の攻撃になす術のないアリーシャ。そのピンチを救ったのは、神依化したロゼだった。ひさしぶりの再会によろこぶアリーシャだったが……。

 

アリーシャ:ハイランド王国の王女。マビノギオ山岳遺跡で倒れていたところをスレイに助けられ、それをきっかけに、ともに旅することになる。旅の途中、仲間と別れたあとは、政治家として奮闘していたが……。

アリーシャ:ハイランド王国の王女。マビノギオ山岳遺跡で倒れていたところをスレイに助けられ、それをきっかけに、ともに旅することになる。旅の途中、仲間と別れたあとは、政治家として奮闘していたが……。

 

ロゼ:表向きは商人ギルドの一員だが、じつは暗殺ギルド「風の骨」の頭領。高い霊応力を持ち、神依の力を発揮することができる。“災禍の顕主”との戦いのあと、新たな導師として旅を続けてきたようだが?

ロゼ:表向きは商人ギルドの一員だが、じつは暗殺ギルド「風の骨」の頭領。高い霊応力を持ち、神依の力を発揮することができる。“災禍の顕主”との戦いのあと、新たな導師として旅を続けてきたようだが?

 

ロゼ:表向きは商人ギルドの一員だが、じつは暗殺ギルド「風の骨」の頭領。高い霊応力を持ち、神依の力を発揮することができる。“災禍の顕主”との戦いのあと、新たな導師として旅を続けてきたようだが?

エドナ:幼い見た目に似合わぬ、冷静で大人びた言動が特徴的な天族の少女。スレイたちとの旅のあと、ロゼやライラと行動をともにしてきた。人を戸惑わせるような発言が好きで、再会したアリーシャをからかうことも。

ライラ:「引き抜いた者は導師となる」という伝説の聖剣に宿る天族の女性。彼女と契約をしたことでスレイは導師となった。優しく落ち着きのある大人の女性で、再会したアリーシャとロゼを温かく見守る。

ライラ:「引き抜いた者は導師となる」という伝説の聖剣に宿る天族の女性。彼女と契約をしたことでスレイは導師となった。優しく落ち着きのある大人の女性で、再会したアリーシャとロゼを温かく見守る。

 

アリーシャたち女性陣以外に、ミクリオやザビーダも登場!

▲アリーシャたち女性陣以外に、ミクリオやザビーダも登場!

 

 

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

?php wp_footer(); ?>